エコ家電で熱い夏を乗り切ろう

エコ家電としての扇風機はバッテリーが付いている

数年前の東京の夏においては、計画停電が実施されました。昔は良くあったものらしいですが、最近の日本ではほとんどありませんでした。東京以外においても、計画停電について事前に知らされている地域があります。電力の需給状況によって行われるものです。そのときには、事前に発令があって、何時から何時まではこの地域など決められていました。また、病院など停電になると困る地域は外されるようにもなっていました。結局停電はなしで過ごすことが出来ました。

しかし、電力量が不足するのは将来も同じです。計画停電がいつ起こるかわからないので、そのための準備をしておきます。実施されれれば、クーラーなどの電気製品は使えなくなります。扇風機も同様です。暑さをしのぐためには、うちわで扇いだり、停電がされていない地域に行くしかありません。そのときにおいて、停電が実施されても利用することができるタイプがあります。そちらを利用することができれば、熱い状態でも過ごせるかもしれません。

それは、バッテリーが装着されているタイプになります。通常の運転時において充電をしておき、停電が実施されたときは、バッテリーで運転することが出来ます。停電時に利用する考えもありますが、そのほかには、夜間電力を利用して充電しておくことがあります。そうすれば電気代が節約できるので、エコ家電になるでしょう。さらには、コンセントに関係なく利用することができますから、いろいろな場所において使うことができます。


Copyright(c) 2017 エコ家電で熱い夏を乗り切ろう All Rights Reserved.